サドルの高さを調整する

自転車のサドルは、ちょうど良い高さに調整することで乗りやすさが格段に変化する部分です。快適に走るために調整してみましょう!
自転車通勤とダイエット
ユルイ自転車通勤入門 | はじめに | 通勤用自転車の選び方 | 自転車通勤の楽しみ方 | 修理とメンテナンス | 掲示板

ユルイ自転車通勤入門 > 修理とメンテナンス > サドルの高さを調整する

サドルの高さを調整する

自転車の乗り心地・快適性を左右する最も大きな要因の一つが「サドルの高さ」です。

サドルの高さをきちんと調整すれば、いつも乗っている自転車でさえ印象ががらっと変わると思いますので、まず最初に調整してみてくださいな〜

あサドルの高さは、シートポストに就いている「シートポストクランプ」を緩めることで調整できます。

MTBなどでは、固定用のレバーが付いていることが多いのですが、ママチャリ用のクランプは、「廻して緩めて、廻して締め込む」だけなので簡単です(笑)

あということで、クランプのレバーを持って反時計回りに廻せばシートポストの固定を緩めることができます。

緩めたら高さを調整します。

一般的な目安としては、自転車に跨った状態でペダルに足を乗せてペダルを一番下に廻したときに、足がちょっと伸びきらないくらいと言われています。
(参考:サドルの高さ調整

さて、どうでしょう?
スポーツ車に乗り慣れていないと、これくらいのサドルの高さって怖いかもしれません・・・

サドルに跨った状態でギリギリ足が届くかどうか位の高さですからね〜

街中でママチャリを見ると、多くのサドルが一番低い位置にセットされていたりします。「怖い」という気持ちは分かるのですが、あれでは効率が悪く気持ちよく自転車に乗ることができません(T T)

最初はちょっと怖いかもしれませんが、この辺は「慣れ」なので、すこーし低めの処から徐々に高くしていく感じで挑戦してみてくださいな♪

慣れれば、自転車に乗るのがとっても快適になりますよ〜

コメントを投稿

このページに関する追加情報をコメントしていただけたらありがたいです!
なお、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちください。










MIYATA SJクロス

MIYATA製のお気楽クロスバイク「SJクロス」。
サイズ展開は、26インチと27インチの2種類で、それぞれに通常のダイナモライトのモデルと、ハブダイナモ(オートライト)搭載モデルの2種類がラインナップされています。

→ MIYATA(ミヤタ) SJクロスの詳細

ブリヂストン サブナードスポーツ

ブリヂストン製の通勤用自転車「サブナードスポーツ」。
サイズ展開は、26インチと27インチの2種類で、それぞれに通常のダイナモライトのモデルと、ハブダイナモ(オートライト)搭載モデル、自動的にタイヤの空気補充をしてくれるというエアハブ搭載モデルの3種類がラインナップされています。

→ ブリヂストン サブナードスポーツの詳細

ブリヂストン サブナードスポーツ

パナソニック(panasonic)製の通勤用自転車「エアーライト」。
サイズ展開は、27インチのみですが低床フレームの採用で背の小さい方でも乗れるようになっています。

→ パナソニック エアーライトの詳細


since 2007/5/26 Copyright (C) ina. All Rights Reserved